苦悶の表情を浮かべる男性

悩ましい椎間板ヘルニアの完治を目指すなら名古屋のクリニックへ

SITEMAP

ヘルニアを発症しやすい年齢とは

ヘルニアと聞くとなんとなく高齢の方がなるようなイメージがありますが、実際のところはどんな年齢の人がなっているのでしょうか。実際には高齢者よりも20歳から40歳くらいの年齢層の人が多く発症しているのです。この事実には驚く人も多いはずです。お年寄りが腰痛を訴えて湿布薬を貼っているというイメージが先行してしまい、ヘルニアは若い人には無関係だと考えてしまいがちですが、10代でもヘルニアを発症する人もいるくらいです。
20歳を過ぎた頃から身体の老化はすでに始まっていますが、同様に20歳から椎間板も老化が進んでいるのです。加齢によって椎間板の大半を占めている水分の量も減っていき、骨の老化も進みます。それによって腰への負担が大きくなりヘルニアを引き起こしやすくなるのです。若い世代は腰に負担のかかる仕事やスポーツなどをしていることもあって、高齢者に比べて発症しやすいと考えられています。高齢者は無理をせずに生活をすることで、腰への負担が軽減されているようです。
ヘルニアは自分には無関係のことだと考えるのではなく、いつ誰にでも起きてもおかしくないという気持ちで過ごし、日々の生活面で注意できることはしておきましょう。

イチオシ情報

ストレッチは椎間板ヘルニアを悪化させる恐れがある

椎間板ヘルニアにはストレッチが効くと思っている人も多いかもしれませんが、実は一概にそうだとは言い切れません。むしろストレッチのように体を曲げる運動は、椎間板ヘルニアを悪化させることに繋がる恐れもあります。というのも体を曲げるだけでも腰には負担がかかるからです。ただでさえ痛んでいる椎間板…

MORE

椎間板ヘルニアの治療を受けるには

椎間板ヘルニアは整形外科や鍼灸、整体などで対応ができます。一般的には整形外科でレントゲンなどを取り腰の状況を確かめることが基本ですが、鍼灸や整体では体のバランスを整えることで椎間板ヘルニアにアプローチができます。特に姿勢が悪い人や、腰に負担をかけやすい人は整体などで体の歪みをチェックし…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP